翻訳代行

翻訳業者の外注は120社から3分で比較検討!外注業者の上手な活用方法

翻訳業者の外注

翻訳の外注化(アウトソーシング)を考えている!
翻訳してくれる業者を探している!

しかし、多岐にわたる翻訳業者からどの業者を選べば良いのか?もっと効率よく翻訳業者を探せないか?など多くの疑問をかかえていることでしょう。

ここでは、120以上ある翻訳業者を3分程度で探し、翻訳の相談や見積り、提案まで行ってくれる「翻訳の外注業者」探しサイトの紹介をしています。

効率よく時間を節約するためにも「翻訳代行一括.jp」はチェックしておきましょう。

「翻訳代行一括.jp」はこちら
翻訳代行サービス

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳の外注業者」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「翻訳について相談だけでもしたい!」
「どこの翻訳外注業者に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になることが一つでもあれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろんサイトの利用は無料ですので、先ずはお気軽にお問い合わせください。


翻訳の外注業者探しに時間をかけない!一括見積りで時間短縮

翻訳業者一括見積りで時間短縮
翻訳の外注業者を探すうえで「どのくらい時間がかかるか?」は大きなポイントです。
いくら優れた翻訳業者を探したいからといっても、無意味に時間ばかり掛かったのでは意味がありません。

古人のいう「タイム・イズ・マネー(時は金なり)」とは、時間は貴重なものであるというのと同時にどのように時間をマネジメントしていくかということを問うている事を意識しておきましょう。

なぜ一括見積りは時短になるのか

翻訳業者の一括見積を利用すると時短(時間短縮)になるというのはナゼなのでしょうか。
一括見積が時短に寄与してくれる理由をご紹介します。

翻訳の外注業者をネットやタウンページで探す手間が省ける

もし自分で翻訳業者を探そうとすると、インターネットで検索したりタウンページで根気よく探さなくてはなりません。

もちろんコツコツ調べていけば翻訳業者を見つけることは可能ですが、予想以上に手間と時間が掛かってしまって後悔する場合もあるでしょう。

しかも苦労して探した翻訳業者がもう営業していなかったり、希望する翻訳を扱っていないということもあるのです。

翻訳の外注業者を1社ずつ検索して調べなくてよい

翻訳の外注業者をネットで検索してみると、思いのほか多くの件数がヒットすることが分かるでしょう。

たとえば有名検索エンジンのGoogleに「翻訳代行」というキーワードを入力して検索すると約4,640,000件がヒットします。
この400万件超という膨大な検索件数のなかから自社にマッチした翻訳業者を見つけるのは至難の技といえるかもしれません。

直接、問合わせメールや電話連絡をしなくても済む

翻訳の外注業者に直接、問合わせのメールや電話連絡をするとなると意外に時間を喰うことがあります。
なぜならメール文を作成する手間が掛かったり、そのメールの返信がすぐに戻ってくるとは限らないからです。

また電話連絡しても担当者が留守であったり、質問をしても的確な返事が得られないというケースもあります。
当然、翻訳業者のほうはオーダーを受けようと営業トークをしてくるわけで、断るのに時間を要してしまうという可能性もあるのです。

一括見積ならビジネスライク

一括見積は対象となる翻訳業者の担当者と直接コンタクトを取らずに済み、ビジネスライクに多くの情報を得られるというメリットがあります。

希望する翻訳言語、翻訳分野、翻訳の目的といったものを問合わせフォームに入力するだけで、納期や翻訳料金など必要とする情報を一括して得ることができます。

もちろん1社のみの情報だけでなく、数社~数十社というようにまとまった情報が得られますので比較検討も容易になり翻訳の外注業者を探す時間を短縮することができるのです。

そもそも翻訳の外注業者とは?どんな会社

翻訳代行とは
世界的なビジネス分野のグローバル化が急激に進んでいる現在、「言語」の問題は早急に解決しなければならない課題となってきています。

かつては英語や米語、ドイツ語などが中心であったビジネス翻訳も中国語や韓国語、インドネシア語など新たな言語への対応を迫られているのです。

ビジネス分野では商取引のための諸外国の商法や商取引習慣の理解、ビジネス用語の把握はもちろん、契約書の作成や前段階の商交渉、細目にわたる打合せや調整など多くの点において「語力」が求められてきます。

つまり、グローバル・ビジネス分野での成功に必要不可欠といえるのが『翻訳力』なのです。

翻訳業者の基本概念について

翻訳業者は、「ある言語を別の言語に置き換える作業(=翻訳)」を代わりに行なう業務を指します。

たとえば日本語で書かれたプレゼン資料を英語に翻訳する業務を自社内で行なうのではなく、翻訳業者に依頼して作成すれば、それが翻訳の外注を行なったということになります。

この翻訳外注代行は「日本語→英語」や「英語→日本語」といったものだけでなく、「日本語→中国語」や「日本語→インドネシア語」など多種類の言語に対応して行なわれています。

さらに、「英語→中国語」や「韓国語→フランス語」といったように日本語以外の言語同士の翻訳代行も一般的に行なわれており、翻訳の幅は広範囲で可能だといえるものです。

翻訳の外注業者を使うメリットとは

翻訳業者のメリットは、「プロが翻訳をする」という点です。
ビジネス分野では些細な文章の不備や言葉のズレで大きな損失を被るケースも少なくありません。

内容を理解したはずの契約書の中身を実は充分に理解できていなかったら…
取引相手から届いたビジネスレターの文章を誤って理解してしまったら…
せっかく苦労して作ったプレゼン資料が取引相手に十分に理解されなかったら…

こうしたことが起こるようでは、ビジネスの成功は望めないということになります。

ビジネス分野での「翻訳」とは、単にある言語を他の言語に移し替えるというだけでは成立しません。
その文章を読む人に理解しやすく、かつ正確に伝えるということが必要になるのです。

そのためには「単なる言葉の移し替え」ではなく、文章の内容や意味、伝えようとしている言葉の意図を汲み取ったうえで翻訳を行なうことが不可欠となってきます。

こうした翻訳を行なえるのは、必要な知識やスキル・経験・ノウハウを有したプロの翻訳業者のみといえるでしょう。

どのくらいかかるもの?翻訳外注の費用と料金

翻訳代行の費用と料金
ビジネスの業務拡大でグローバル化が進み、「翻訳の外注業者」を利用する機会も増えていきます。

しかし、いざオーダーするとなると気になってくるのがその費用です。
翻訳外注の費用はいったいどのように決められているのでしょうか?

翻訳業者の費用の違いは?

翻訳業者の費用は「格安」から「意外に高額」まで幅広い範囲にわたっています。
初めて翻訳の外注を利用しようとした人は、見積り料金を見て「こんなに安いのか」と感じたり「思っていたよりも高めだった」と感じたりすることもあるでしょう。

実は翻訳業者の費用に幅があるのには、次のような理由があります。

翻訳のグレード

プロの翻訳者であってもスキルや経験値は人によって異なります。
そのスキルや経験値によるグレードの違いが料金に反映されてきます。

翻訳言語の種類

翻訳言語も「日本語→英語」や「英語→日本語」のようにオーダーの多いものから、あまりポピュラーではない言語まで多岐にわたっています。
比較的オーダーが少なく、翻訳者の数も少ない言語であれば料金が割高になるケースもあります。

翻訳文書のジャンル

一般的なビジネス文書やプレゼン資料の翻訳と、専門的な知識が必要な文書(医学・工学・文学など)では翻訳費用が違ってくるケースもあります。

翻訳媒体の種類

昨今では翻訳の依頼も紙媒体だけでなく、映像(映画、ドラマ、DVD)や音楽、ゲームなどの翻訳のオーダーも増えてきました。
媒体の種類によって翻訳業者の費用も違ってきます

翻訳業者の費用とオーダー

翻訳業者の費用は日本語の場合は「1文字=○○円」、外国語の場合は「1ワード=○○円」として単語単位で価格が決められているのが一般的です。

ほかにもページ単位で「1ページ=○○円」というケースや「1セット=○○円」としているケースもあります。

この価格については、計算方法によって費用に大きく違いが出るということはあまりありません。

やはり翻訳業者の費用に差が出てくるのは、翻訳のグレードや言語の種類、文書のジャンル、媒体などによるものが主といえるでしょう。

翻訳の外注業者をどのように使うのかは、オーダーする側の自由な裁量で決めることができます。

文書の内容によって格安業者を使ったり、特に重要となる文書であればグレードの高い業者を使うというフレキシブルな方法もあります。

また翻訳業者のなかには依頼者側ですでに翻訳した文書の手直しのみを請け負うという業者もいます。

そうした意味では費用のみにフォーカスするのではなく、状況に応じて翻訳の外注業者を探すというのも一つの方法でしょう。

「翻訳サイト」と「翻訳業者サービス」の違い

翻訳サイトと翻訳代行サービスの違い
ビジネス文書を翻訳する場合、プロの翻訳者がいる「翻訳の外注業者」に依頼する方法と、インターネットの「翻訳サイト」を利用する方法があります。

どちらも文書を翻訳するという目的には合致しているわけですが、どのような点に違いが出てくるのでしょうか?

自動翻訳とプロ翻訳者の違いとは?

昨今のコンピューターソフトの進歩により、インターネットサイトの「自動翻訳」も手軽に利用できるようになりました。

無料の自動翻訳サイトであっても、日本語・英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語など多言語に対応しており、オフィスや自宅にいてもパソコンさえあれば瞬時に自動翻訳の恩恵を受けることができます。

加えてインターネットの翻訳サイトは料金も無料で、経費の節約になるという考え方もできます。
そこで「無料で翻訳できるなら翻訳サイトを使えばいい」と感じる人もいるようです。

しかし、残念なことにインターネットの「自動翻訳」もビジネス分野で充分に活用できるほど精度が高いわけではありません

日常的に使用するレベルの文章であれば使用は可能ではあるものの、少し複雑な表現や業界独特の言い回し、日本語ならではの表現があると翻訳をしても言葉のズレが生じ、ネイティブから見て「不思議な文章」に変身してしまうというケースもあるのです。

翻訳サイトのデメリット

ビジネスの分野では、些細な言葉の行き違いやブレが、大切な商取引に大きな影響を与えてしまうことは皆さんがご存知のとおりです。

せっかくのビジネスチャンスが翻訳文の言葉のズレやで不成功に終わってしまったあと、「自分はこういう意図で文章を作成したのに…」と後悔しても間に合いません

インターネットで手軽に利用でき、さらに料金も掛からないというメリットばかりに眼を向けているとビジネスでは思わぬ損害を被ることもあります。

企業や個人事業にとってコスト削減は大きな命題ではありますが、結果的に損をするのでは意味がないということになるでしょう。

「翻訳の外注業者」のメリットを活用

「翻訳業者」のメリットは翻訳内容に言葉のズレがないということだけではありません。
諸外国が独自に有している商習慣や表現方法を知悉し、取引相手をリスペクトしたり不快感を抱かせない表現方法を用いるスキルも所有しています。

もし日本語の原文に取引内容に合っていない部分があれば事前にチェックを入れてくれたり、逆に日本の商習慣について分かりやすい説明を加えてくれたりといった工夫をしてもらうことができます。

つまり、翻訳業者のプロ翻訳者に依頼するということは、そうしたプラスアルファのメリットもあるということになるのです。

翻訳業者が翻訳可能な言語は何語?

翻訳業者が翻訳可能な言語は何語か
かつては翻訳といえば、英語や米語、ドイツ語など欧米諸国の言語が中心でした。

しかし国際経済の変化により、わが国でもビジネスのグローバル化が進むに従って中国語や韓国語、ベトナム語、インドネシア語、アラビア語などの言語の翻訳も増加しています。

ここでは翻訳の外注業者が翻訳可能な、言語の種類と特徴についてご紹介します。

【翻訳言語】翻訳代行会社が翻訳できるのは何語?
【翻訳言語】翻訳代行会社が翻訳できるのは何語?国別の言葉まとめ翻訳代行会社によって対応可能な言語、専門としている言葉には違いがあります。それは、専属の翻訳者がいるかどうかでも変わってきます。 ...

北アメリカ

米語(英語)

米語(英語)を使用する国は世界で80カ国以上と多数の国で使用されている言語です。
米語(英語)→日本語」「日本語→米語(英語)」は我が国でも最も翻訳外注のオーダーが多い翻訳の一つで、さまざまな分野の翻訳に対応できる翻訳者が多いのが特徴です。

ヨーロッパ

英語

世界で最も使用されている言語で、80カ国超で用いられています。
アメリカで使用されている米語とは多少の違いがありますが、翻訳業者でもその違いに対応した翻訳を行なっています。

フランス語

使用国数は世界で50カ国以上と米語(英語)に次いでポピュラーな言語です。
我が国でもアパレルやコスメ、アグリカルチャーなどの分野で翻訳外注のオーダーが多くなっています。

ドイツ語

話者人口が世界第2位と英語に次いで使用者の多い言語です。
医療分野を始めとした翻訳外注のオーダーが多い言語であり、スキルの高い翻訳者が多く揃っています。

イタリア語

全世界で約6000万人が使用している言語で、ファッションやフードの分野でも翻訳外注のオーダーが多くなっています。

スペイン語

世界人口のうち約4億人超が使用し、英語・フランス語に次いで使用者が多い言語です。
スペイン語のプロフェッショナルな翻訳者も多数いますので翻訳業者のレベルも高いといわれています。

ロシア語

国際連合の公用語のひとつで、ロシア語専門の翻訳の外注業者も多数あります。
広大な面積を有する国家であり、スキルの高い翻訳者が求められる言語です。

その他

オランダ語、デンマーク語、ポルトガル語、スウェーデン語、チェコ語など

アジア

中国語

近年、とみに翻訳外注のオーダーが増加している言語です。
広大な面積を有する国であり、北京語・上海語など地域に即した翻訳が必要となります。

韓国語

韓流ブームの影響もあり翻訳外注のオーダーが増加しています。
地域や使用者による言語の違いもありスキルのある翻訳の外注業者を選びたい言語といえます。

アラビア語

中東(西アジア)や北アフリカなどのアラブ諸国で使用されている言語です。その使用人口は4億人といわれ広域で用いられています。

主な使用地域はアラブ首長国連合、アルジェリア、エジプト、オマーン、クウェートなど。

その他

タイ語、ベトナム語、インドネシア語、マレーシア語、タガログ語、モンゴル語、トルコ語、ペルシア語など

上記以外にも翻訳ぼ外注が可能な言語は多数あります。

翻訳業者が翻訳できる分野と種類

翻訳業者が翻訳できる分野と種類
翻訳業者は商取引のプレゼン資料や契約書といったビジネス文書ばかりを扱っているわけではありません。
現在では翻訳を必要とする分野は大変幅広く、その種類も驚くほど広がっています。

ここでは、実際に翻訳業者が取扱っている翻訳分野の種類についてご紹介していきます。

【翻訳分野】翻訳代行サービス会社が対応できるジャンル
【翻訳分野】翻訳代行サービス会社が対応できるジャンルのまとめ翻訳代行サービス会社にはそれぞれ専門としているジャンル(分野)が存在しています。 それぞれの分野の細かいニュアンスは、その業界にい...

翻訳業者が扱う翻訳の種類

翻訳業者が取扱うオーダーは大きく分けて次の3種類があります。

(1) 実務系の翻訳

ビジネス分野の翻訳でプレゼン資料や契約書、マニュアル類などが中心ですが、最近ではIT系の翻訳も増加傾向にあり、専門用語などが多く使用されているため翻訳者にもコンピュータなどの知識が必要とされています。

(2) 文芸系の翻訳

出版翻訳とも呼ばれ、文学書や評論文、エンターテインメント小説などが含まれます。
ビジネス系の翻訳と異なり文学的なセンスや知識が求められる種類の翻訳です。

(3) 映像系の翻訳

かつては映画やテレビドラマ中心だった映像系翻訳ですが、昨今ではDVDやゲームなども増えてきました。
他にもニュースや動画サイトなどの翻訳も行なわれています。

主な翻訳代行の分野

翻訳業者で取り扱う翻訳分野は多岐にわたりますが、その主なものをご紹介します。
もちろん、ここに挙げていないジャンルものでもオーダーを受け付けている翻訳の外注業者は多数あります。

  • ビジネス系…
    契約書、挨拶文、プレゼン資料、会社紹介、レターなど
  • 技術系…
    製品マニュアル、取扱説明書、調査書、報告書、プレゼン資料など
  • 法律、特許系…
    法律関連、特許申請書、特許明細書、特許公報など
  • 論文系…
    研究発表、論文、海外誌投稿、プロトコル、調査報告書など
  • ソフトウェア系…
    ソフトウェア、マニュアル、ゲームなど
  • IT系…
    情報通信関連、仕様書、マニュアル、解説書、レポートなど
  • 医療系…
    医学論文、関連資料、添付文書、説明書、専門誌記事など
  • 金融系…
    投資、保険、調査レポート、財務諸表、会計マニュアルなど
  • インターネット系…ウェブサイト、ブログ、SNSなど
  • 観光系…
    ガイドブック、パンフレット、案内文、リーフレットなど
  • 教育系…
    教科書、参考書、歴史書、論文、学校案内、テストなど
  • 不動産系…
    鑑定書、契約書、権利証、査定書、開発計画書など
  • エネルギー系…
    仕様書、プロジェクト管理文書、技術資料など
  • エンターテインメント系…
    映像字幕、訳詞、脚本、音楽資料など

上記以外にも最近の傾向として、漫画やアニメといった新しいジャンルFXや外国株式などの海外関連の投資などの翻訳外注も増加しています。

翻訳外注業者の「5つのメリット」

翻訳代行の5つのメリット

ビジネス翻訳の選択

ビジネスで翻訳が必要なとき、「社内スタッフが翻訳すればいい」「自動翻訳サイトを利用すれば済む」「学生バイトを使ってもいい」と考えてはいないでしょうか。

確かにカンタンな翻訳や、さして重要でない文書ならばこのような方法で解決することもあります。
しかし、クオリティを無視した安易な翻訳には大きなメリットを期待することはできません。

翻訳業者5つのメリット

(1) 翻訳のクオリティが高い

翻訳業者の訳文のクオリティの高さは、当該国の言語だけでなく生活習慣やビジネス慣行を知悉するプロ翻訳者を使うことによって実現されています。

単に文章を外国語に訳すだけであれば語学スクールの学生でもできますが、相手国の商習慣やコモン・センスに対応した翻訳を行なうためには机上の知識だけでは不可能なのです。

(2) 翻訳の品質が高い

翻訳とはある言語を他の言語に移し替える作業だけを指すわけではありません。

訳文ができたあとにも、校正者によるチェックを行なって言語に統一性をもたらしたり、スペルチェックによってケアレスミスをなくすなどの作業も高品質の翻訳を完成させるための重要な要素となります。

翻訳業者ではさらにネイティブ翻訳者によるダブル・チェックを行ない当該国の人が読んでも違和感のない品質の高い翻訳へと仕上げていきます。

(3) 費用対効果が高い

翻訳業者の特質のひとつがコストパフォーマンスに優れているという点です。

社内スタッフやバイトによる翻訳は後で手直しが必要になったり、予想以上に時間が掛かったりするため結果的には多額の費用を要するということになりやすいものです。

ときには内部スタッフによる翻訳の修正や校正を外部業者に依頼することになり、初めから翻訳業者に依頼したほうがコストが安かったというケースもあります。

(4) 社会的信頼性が高い

ビジネス文書や研究論文の翻訳で重要なのが社会的信頼性です。
こうした文書や論文で翻訳ミスが一つでもあると、内容そのものの信頼性も失ってしまうことがあります。

どんなに素晴らしいビジネスオファーや研究論文を用意していても、些細な翻訳ミスで信用を失うのでは意味がないといえるでしょう。

翻訳業者では翻訳者・校正者・ネイティブ翻訳者など二重三重のチェックを行ない、小さなミスも見逃さない完全体制を整えて翻訳を行なっています。

(5) 多言語・専門性が高い

翻訳業者のメリットの一つが「多言語に対応している」「専門性が高い」ということです。

英語や中国語などよく翻訳されるポピュラーな言語だけでなく、日本ではあまり翻訳されることのない言語であっても翻訳業者ならプロ翻訳者を見つけることができます。

またそのジャンルについても、一般的なビジネス文書から専門性の高い論文や技術書まで、幅広い範囲に対応できるプロ翻訳者を見つけやすいのも翻訳業者の特徴です。

翻訳クオリティと品質の高さが特長の翻訳業者

翻訳クオリティと品質の高さが特長の翻訳業者
翻訳業者に翻訳をオーダーすることのメリットが「翻訳クオリティの高さ」です。

個人の趣味で外国語の翻訳を楽しむ分には、特別にクオリティ(品質)を考える必要はありませんがビジネスとなるとそうは言っていられません。

商取引が成功するか否かは、この翻訳のクオリティに掛かっているといっても過言ではないのです。

クオリティ1:翻訳の精度

翻訳でまず第一に求められるのが「精度が高い」ということです。
精度とは正確さや精密さを指し、訳出に誤りがないということが翻訳の基本となります。

翻訳業者では単に一人の翻訳者が訳出をするのではなく、校正者というチェック専門の担当スタッフが二重・三重の確認をしています。
この校正者も翻訳者と同様に専門職で、出版社や雑誌社など文章を扱う会社は必ず校正者を雇用しています

クオリティ2:翻訳の品質

翻訳する(ある言語を別の言語に訳す)ということは、単にAという言葉をBという言葉に置き換えるということではありません。

その翻訳文を読む人にいかに伝えるか、ビジネス文書であればいかにアピールするかという点が重要となってきます。

さらに、相手国のビジネス慣習やコモン・センス(常識)を尊重し、理解しやすく受け入れやすい表現が必要です。

そのためには単なる訳文ではなく、意を尽くした文章であることが肝要であり、それが「翻訳の品質の高さ」ということになります。

クオリティ3:翻訳のスキル

翻訳のスキルとは上手く文章を訳出するという意味ではありません。

ビジネス文書なら商取引にふさわしい文章、研究論文なら専門用語の知識を駆使した文章といったように内容にマッチした訳文を作れる能力を指しています。

翻訳の外注業者には各々の専門分野を知悉したプロ翻訳者がいるため、高いレベルで翻訳を行なうことができ、スキルの高い翻訳を行なうことができるのです。

あらためて翻訳サイトの弱点について

翻訳内容に多少のズレがあったとしても、コストを省けるなら翻訳サイトを使っても構わないという考え方もあるでしょう。

ところが自動翻訳にはもうひとつの「大きな落とし穴」も存在しています。
それは商取引では最も重要な「契約書」や取引相手からの発注書を翻訳サイトで翻訳するケースです。

ビジネスの契約書は商取引の「キモ」ともいえるもので、この内容を細部までしっかり把握していないと思わぬ損害を受けることがあります。

実際、ミーティングで取引相手と合意したことと契約書の中身が微妙に違っていて、結果として大きな損をしてしまったという例もあります。

また、発注書の内容を充分に理解しないまま商品を発送し、取引相手からのクレームの対応に追われたという例もあるのです。

翻訳の外注業者の一括問合わせと見積りの特徴

翻訳代行会社の一括問合わせと見積りの特徴
翻訳の外注業者を初めて利用する場合、「どこで業者を探したらいいのか」や「どんな基準で業者を選べばいいのか」と悩むこともあります。

翻訳業者を見つけるには、知人や同業者からの紹介・地元で探す・口コミで判断するなどの方法もありますが、実際にはなかなか上手くいかないというのが現状でしょう。

そんな際に活用したいのがここで紹介している翻訳業者一括見積サイトです。

翻訳の外注業者一括見積サイトの特徴

翻訳業者の一括見積サイトは、全国各地の翻訳業者・サービス会社を比較して一括で問い合わせや見積りを行なえるサイトです。

一括見積サイトでは日本国内の翻訳外注業者を地域別に検索したり、翻訳したい言語別にチェックすることもできます。

現在日本全国には約3000社以上の翻訳外注業者がいるといわれていますが、その内容を詳しくチェックしてみると大規模会社から小規模会社まで広範囲にわたり翻訳可能な言語なども多岐にわたっています。

そうした幅広い翻訳の外注業者を一目瞭然で比較し、一括して問合せしたり見積りを取ることができるのが一括見積サイトなのです。

一括見積サイトでは翻訳外注費用だけでなく納期や翻訳可能な言語、納期、納品形式などを知ることができます。
さらに問い合わせや見積りへの対応を見ることにより、業者の特質やサービス度なども判断できるというメリットもあります。

一括問合わせと見積りを活用する強みは?

一括問合わせ・一括見積の最大の特徴は、余分な手間や時間を掛けずに複数の翻訳外注業者から各種の情報が得られるという点です。

もしも一括で問合わせや見積りを取れなかったとしたらどうでしょうか?

インターネットやタウンページから翻訳業者をコツコツ探し、メールアドレスや住所、電話番号を調べてリストを作成するところからスタートしなければなりません。

さらに、そのリストから問合わせや見積りを依頼する業者を取捨選択し、1社ずつコンタクトを取るという作業を行なうことになります。

ビジネスは時間の使い方がキーになるといわれていますが、上記のような手間と時間が掛かる作業を行なっているようでは厳しいビジネスの競争には打ち勝てません。

なぜなら、翻訳を依頼する翻訳業者を見つけるどころか、探す手間だけでもかなりの時間を費やしてしまうからです。

その意味でも手軽に問合わせや見積りができる一括見積りサイトはマストアイテムともいえる存在といえるです。

翻訳代行サービス会社の選び方
翻訳代行サービス会社の選び方!120社から比較ビジネスのグローバル化が急速に進む現代、業務を遂行するうえで「翻訳」は重要なポイントとなっています。 英語、中国語、韓国語はもとよ...

▼翻訳業者をお探しならこちら▼

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳代行会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの翻訳代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。