翻訳代行サービス会社の選び方!120社から比較

翻訳代行サービス会社の選び方

ビジネスのグローバル化が急速に進む現代、業務を遂行するうえで「翻訳」は重要なポイントとなっています。

英語、中国語、韓国語はもとより、ドイツ語、フランス語、アラビア語、インドネシア語など、多岐にわたる外国語の翻訳がビジネスシーンでは不可欠となっています。

そこで注目されているのが翻訳業者による『翻訳代行サービス』です。

翻訳代行サービスを探しているが、たくさんある業者からどのように探し比較すると効率的なのか?

限られた時間の中で、日本全国にある無数の翻訳代行サービスを探すだけでも膨大な時間がかかりますが、インターネットにはそれを3分で探すためのサービスがあります。

それがこちらの「翻訳代行一括.jp」
翻訳代行サービス

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳代行会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「翻訳について相談だけでもしたい!」
「どこの翻訳代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になることが一つでもあれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろんサイトの利用は無料ですので、先ずはお気軽にお問い合わせください。


翻訳代行とはどのようなサービス?

翻訳代行とは日本語を外国語に、外国語を日本語に置き換える翻訳業務を請け負うことをいいます。簡単にいえば「翻訳を代わりにやってくれる」というビジネスです。英語の契約書を日本語に翻訳したり、日本語の受注・発注書を中国語に翻訳するなど、多岐にわたる翻訳業務を代行します。

こうした翻訳代行を専門に行なうのが「翻訳代行サービス会社」です。企業や事業所からの翻訳依頼を受け、受注内容にしたがって日本語→外国語、外国語→日本語、外国語→外国語といったように業務を代行します。

翻訳代行を活用する必要性は?

海外との取引がある企業の担当者のなかには「翻訳は社内でやれば充分」「ネットの翻訳ソフトで間に合う」という考え方をする向きもあります。

社内に外国語に精通した社員がいれば翻訳代行サービスを利用する必要はありません。ごく簡単な文章ならインターネットの無料翻訳ソフトを活用することも可能でしょう。現実にこのような方法でビジネス用の翻訳を賄っている企業もあるようです。

一方では翻訳代行サービスを上手に活用し、誤訳が許されない契約書や受注書をスピーディーかつ正確に翻訳してビジネスで成果を上げている企業も多数存在します。

社員に翻訳を任せたために時間が掛かり過ぎたり、ネットの翻訳ソフトを使ったばかりに誤訳でビジネスチャンスを逃すのではリスクが大き過ぎてオススメできません。

無料の翻訳サイト利用では不十分!?

近年、インターネットで便利に使えるのが無料の翻訳サイトです。サイトにアクセスして必要な囲み欄に外国語をコピーして貼り付け、翻訳ボタンをクリックするだけで外国語を日本語に、日本語を外国語に訳してくれるという便利なものです。

こうした翻訳サイトは手間が掛からないうえ無料で翻訳業務を提供してくれるので利用者に人気があります。とはいえ、翻訳に使われているのは機械ソフトのため、必ずしも翻訳精度が高いとはいえません。

外国の友人知人とメールをやり取りする程度なら問題はないものの、ビジネス上の大切な文書を翻訳するには不安が多いというのが現実です。

翻訳代行サービスを利用するメリット

翻訳業者が利用される4つのメリット
ビジネスで翻訳代行を利用する企業が増えています。企業だけでなく事業所や店舗、学校など、多くの分野で翻訳代行の利用者が増加するのには理由があるのです。

ここでは翻訳代行が利用される4つのメリットを紹介します。

1.翻訳の質の高さ

私用で使う翻訳ならネットの機械翻訳で十分かもしれません。ビジネスとなると「無料だが必ずしも正確とはいえない翻訳」や「相手国の商習慣を考慮しない翻訳」「敬語ではなく日常言葉のような翻訳」では役に立たないのはご存知のとおりです。

翻訳代行で業務を担当するのはプロの翻訳家です。対象となる国の言語に通じているのは当然ですが、加えて相手国の一般常識やビジネスの慣習までも知悉(ちしつ:細かい点まで知りつくすこと)しています。同じ文章を翻訳するのでも、相手の業界や企業の格、担当者の役職などに考慮して表現を変えるなど質の高い翻訳ができるというメリットがあるのです。

2.専門分野に精通する

ビジネスで使う翻訳は単なる時候のあいさつやお知らせ文だけに留まりません。契約書であれば法律の知識、業界ごとの専門知識なども必要になります。翻訳代行では依頼された文書の種類や内容に合わせ、専門知識に精通した翻訳者が担当します。

例えばIT関連企業の文書の翻訳ならITビジネスに精通した人、食品関連企業なら食品ビジネスに精通した人、機械関連企業なら機械ビジネスに精通した人というように、専門分野に強い翻訳者が翻訳を担当するので安心して任せられるというメリットが得られます。

3.多言語に対応する

翻訳で多いのが「英語→日本語/日本語→英語」です。英語は世界共通のビジネス言語ではあるものの、最近ではさまざまな国や地域の言語がビジネスに使われるようになってきました。

ビジネスの相手国といえば、これまでは米国・中国・韓国・ロシア・ドイツといった国が上位を占めていました。最近ではシンガポール・タイ・マレーシア・アラブ首長国連邦・サウジアラビア・カタールなど新たな対象国が増えています。

こうした多岐にわたる言語の翻訳に対応できるのも、翻訳代行の大きなメリットのひとつです。

4.コスパに優れている

翻訳代行はコストパフォーマンスに優れている、つまり「費用対効果が高い」というメリットがあります。一般的には翻訳を専門家に依頼するとコストが掛かるというイメージがあるようです。

コスト削減のために社内スタッフが文書を翻訳したり、アルバイトに翻訳を頼んだりしたらどうなるでしょうか?仕事が忙しい社員による翻訳は遅々として進まない、アルバイトの翻訳のミスが多く手直しが必要になった等の問題が発生しやすいのが現実です。

その点、翻訳代行による翻訳は手直しなどの必要もなく、決められた期日に納品されますからビジネスが停滞する心配がありません。いわゆる「安かろう悪かろう」の逆で、多少のコストを掛けても結果的にビジネスの利益に結びついて得になるわけです。

▼翻訳業者をお探しならこちら▼

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳代行会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの翻訳代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。


翻訳代行で翻訳可能な「言語の種類」と「分野(どんな種類?)」は

翻訳言語と分野
ビジネス翻訳で主流だった英語・中国語・韓国語・ドイツ語・ロシア語に加え、最近では多種類の言語が用いられるようになっています。では、翻訳代行ではどのような言語の翻訳が可能なのでしょうか?その分野と併せて紹介します。

翻訳可能な言語の種類

英語・米語

世界中で最も広く使われているビジネス言語が英語(米語)です。英語圏以外の国や地域でも、ビジネスの共通言語として英語や米語が使われているのは周知のとおりです。

翻訳代行でも英語・米語が翻訳可能な会社が多く、さらに英語(米語)から他の言語、他の言語から英語(米語)への翻訳も可能です。

中国語

近年、大幅に翻訳需要が伸びているのが中国語です。中国語は大きく分けて7種類あり、ビジネスで主に使われるのは北京語などを土台にした「普通話(公用語)」となります。

企業によっては広東語や台湾語などが使われる場合もありますが、中国語翻訳に実績のある翻訳代行ならフレキシブルな対応が可能です。

アラビア語

中東・北アフリカ諸国でビジネスに使われるのがアラビア語です。アラビア語を母語とする人は2億人超、日常的に使用する人は13億人といわれ、ビジネスシーンでは重要な言語のひとつとなっています。

日本人にはあまり馴染みのない言語であり、翻訳は対象国の文化やビジネス慣習などに専門知識のある代行会社に依頼されることをオススメします。

その他の主な言語

アジア:韓国語、香港(広東語)、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、マレーシア語、タガログ語など

ヨーロッパ:ドイツ語、フランス語、イタリア語、オランダ語、ロシア語、ポルトガル語、スウェーデン語、スペイン語、ヘブライ語など

南米:ポルトガル語、スペイン語、グアラニー語など

アフリカ:アラビア語、スワヒリ語、アフリカーンス語など

【翻訳言語】翻訳代行会社が翻訳できるのは何語?
【翻訳言語】翻訳代行会社が翻訳できるのは何語?国別の言葉まとめ翻訳代行会社によって対応可能な言語、専門としている言葉には違いがあります。それは、専属の翻訳者がいるかどうかでも変わってきます。 ...

翻訳可能な分野(種類)

一般的な文書

業界や企業を問わず、ビジネスで一般的に使われる文書です。挨拶状、案内状、お知らせ、連絡書など、手紙やメールで使用する広範囲の文書の翻訳ができます。

法律関連

契約書は内容が法律に関わる重要な文書のひとつです。翻訳に間違いがあれば大きなトラブルにつながりかねない案件ですので、専門知識のある翻訳代行に任せるのがベストです。証明書、公正証書、鑑定書、念書なども法律関連の文書に含まれます。

医学や化学関連

医学論文や説明書、臨床試験報告書、プロトコル、申請書類など、医学や化学関連の文書も翻訳代行に依頼できます。特に専門知識が必須な分野であり、間違いを未然に防ぐためにも専門知識のある翻訳代行に任せるのがおすすめです。

技術やIT関連

グローバル化が進む技術関連、IT関連の翻訳は代行会社に依頼が可能です。海外企業との取引が多い分野であり翻訳業務が多いという特徴があります。新しい専門用語が多数使われるため、専門知識のある翻訳代行を利用するのが効率的です。

金融や経済関連

金融・経済はグローバル化が著しい分野で、翻訳言語も多岐にわたっています。1日24時間、世界のどこかでビジネスが進捗している関係上、翻訳は正確性だけでなくスピードも要求されることから専門の翻訳代行への依頼は必須といえます。

その他の分野

不動産、通信、医療、薬品、化粧品、健康食品、コンピュータ、ファッション、音楽、映像、芸能、出版、家庭用品、生活雑貨、スポーツ、環境、エネルギーなど多様な分野の翻訳が可能です

【翻訳分野】翻訳代行サービス会社が対応できるジャンル
【翻訳分野】翻訳代行サービス会社が対応できるジャンルのまとめ翻訳代行サービス会社にはそれぞれ専門としているジャンル(分野)が存在しています。 それぞれの分野の細かいニュアンスは、その業界にい...

翻訳代行にかかる費用と相場は?

翻訳業者の費用と相場
翻訳代行を利用する際にポイントとなるのがコストです。「費用はどのくらいかかるの?」「翻訳の相場はいくらぐらい?」など、翻訳代行に関する費用と相場を紹介します

翻訳代行の費用

翻訳代行会社に翻訳を依頼した場合、必要となる費用は「1文字=○○円」や「1ワード=○○円」で計算されるのが一般的です。日本語から外国語への翻訳では、日本語の文字数が費用に換算されます。

日本語→外国語の翻訳

日本語の文章を外国語に翻訳するケースでは、元となる日本語の原文の文字数で費用を計算します。

例えば上記の「翻訳代行を利用する際にポイントとなるのがコストです」という文章は25文字です。1文字が10円の翻訳代行会社なら、25文字×10円で費用は250円という計算になります。

外国語→日本語の翻訳

外国語の文章を日本語に翻訳するケースでは、元となる外国語の原文のワード数で費用の計算を行ないます。

例えば「It is cost to become a point when using translation agency」という英語の文章で見てみましょう。ワードとは単語のことで、「It」で1ワード、「It is」で2ワードというように、ひとつの単語が1ワードとして計算されます。

この文章の例でいえば11ワードで、1ワード=10円の翻訳代行会社なら、11ワード×10円で費用は110円という結果です。

※中国語や韓国語などアジア圏の言語の一部はワードではなく1文字=○○円で計算されます。

翻訳費用の相場

翻訳費用は代行会社によって多少の違いがあるほか、「言語の種類」「内容の種類」「翻訳の種類」によって異なります

言語の種類による費用

翻訳で最もポピュラーなのは「日本語/英語」です。翻訳を請け負う代行会社も多く、費用はリーズナブルなものから高レベルのものまで予算に合わせて選ぶことができます。費用の目安は日本語→英語で1文字7~20円、英語→日本語で1ワード15~30円程度というのが標準的です。

中国語・韓国語・タイ語などアジア圏の言語の翻訳は、日本語→アジア圏の言語で1文字10~20円、アジア圏の言語→日本語で1文字9円~18円程度が目安となります。

内容の種類による費用

一般的な文書(手紙やメール等)とビジネス文書(企画書や契約書等)技術文書(機械や半導体等)、専門文書(特許等)など、翻訳する文書の内容でも費用は違ってきます。次に日本語/英語の翻訳を例に費用の目安を紹介します。

日本語→外国語の文書を翻訳する場合、一般文書は1文字7円程度から、ビジネス文書は8~9円程度から、技術文書は10円程度から、専門文書は10円以上が相場です。

外国語→日本語の場合は、一般文書は1文字15円程度から、ビジネス文書は16円程度から、技術文書は17円程度から、専門文書は20円以上が相場となります。

翻訳の種類による費用

翻訳を依頼する場合でも、発注側の事情はさまざまです。「知識や経験が豊富な翻訳者によるしっかりした翻訳が欲しい」というケースもあれば、「確実かつクオリティの高い翻訳が必要」というケースもあります。

なかには、「必ずネイティブに翻訳してもらいたい」というケースや、逆に「コスパを重視したい」というケースもあるでしょう。

翻訳代行会社のなかには、クオリティに応じて各種プランを用意しているところもあります。重要度の高い文書の翻訳は高レベルプラン、一般的な文書はエコノミープランというように選択できる翻訳業者を選ぶとコストに無駄がありません。

翻訳代行サービス会社の選び方

翻訳会社の選び方
翻訳を依頼したいが「どの代行会社を選べばいいか分からない」という方のために、翻訳代行会社を選ぶ4つのポイントを紹介します。

大切な文書の翻訳で失敗しないために、また余計な費用を掛けて後悔しないためにも、翻訳代行会社の選び方を紹介します。

1、コストで使い分ける

翻訳費用は代行会社によってさまざまです。必ずしも低価格ならお得、高価格ならクオリティが高いというものではなく、文書の種類や重要度によって使い分けるのがポイントです。

重要文書は多少高価でも実績の高い翻訳業者に、そこまでのクオリティを求めない文書はリーズナブルな料金の翻訳業者に…というようにフレキシブルに選ぶとコストを抑えることができます。

2、信頼性を重視する

翻訳代行会社には実績やクオリティを謳う老舗業者から、リーズナブルで手軽に依頼できる業者まで多数の選択肢があります。翻訳の質を求めるなら、業務の経験と実績が豊かな翻訳業者を選ぶと失敗がありません。

ポイントとなるのは「特定の言語や分野に精通している」という点です。英文翻訳専門や中国語翻訳専門など、特定の言語を専門とした翻訳業者は対象国の文化や商習慣にも詳しいものです。

分野に関しても同様で、機械関連の翻訳に詳しい、医薬品に詳しいといった翻訳代行会社は、専門用語や業界の内情にも精通しています。

3、付加価値でプラスα

翻訳のクオリティは同程度であっても、プラスアルファの付加価値がある翻訳業者もおすすめです。例えばネイティブ翻訳者が最終チェックをしている、校正者が翻訳文をWチェックしている等の翻訳代行会社は信頼性が高くなります。

ほかにも翻訳文をプレゼン資料の形式にレイアウトしてくれたり、グラフや表を見やすく挿入してくれるといった翻訳業者もあります。翻訳だけでなく即座に使用できる形式で納品してくれると業務効率もアップして便利です。

4、信頼度を優先する

企業や事業所にとって大切な文書の翻訳依頼をする場合は、翻訳代行会社の信頼度を優先すべきです。信頼度を図る目安は2つあります。1つめは言うまでもなく、翻訳のクオリティと正確性です。

2つめは翻訳代行会社が情報の保護にどれくらい留意しているかという点です。重要書類は気密性が高いものが多く、外部に漏えいすると大問題になることがあります。翻訳業者がその点に十分に留意しているか、守秘義務について十分に理解して対策を取っているか否かを目安にしてください。

以上、翻訳代行会社の選び方についての4つのポイントを紹介しました。この4つのポイントを兼ね備えた会社なら安心して翻訳を任せることができます。しっかりポイントを押さえたうえで、賢く翻訳業者を活用しましょう。

翻訳代行会社の一括見積を使うメリット

翻訳会社一括見積のメリット
翻訳代行会社を使うとき、活用すると便利なのが「翻訳代行の一括見積」です。一括見積とは複数の翻訳業者からまとめて見積りを取れるというシステムをいいます。翻訳代行の一括見積を利用すると、問合せや見積依頼が手軽にできて便利です。

次に翻訳代行会社の一括見積を使った場合のメリットを紹介します。

翻訳代行会社探しがスピーディーにできる

翻訳代行会社を探すポイントとして「コスト」「クオリティ」「信頼性」の3つがよく挙げられます。数多い代行会社から、この3つのポイントを兼ね備えた翻訳業者を見つけるのには時間が掛かります。

例えばインターネットで翻訳代行会社を1社ずつチェックしたり、タウンページでコツコツ探していたのでは業務効率が低下してしまいます。

一括見積りを利用すると多数の翻訳代行会社のリストが見られ、時間や手間を掛けてネットやタウンページを探す必要がありません。リストをクリックすると翻訳業者の基本情報が分かり、そこから公式サイトにアクセスして詳細情報も分かるので翻訳代行会社選びがスピーディーに進みます。

翻訳代行会社選びが効率的にできる

翻訳代行会社の候補が絞れたら、複数社に対して問合せ・見積依頼ができます。インターネットの問合せフォームから、複数の翻訳業者に一括問合せが可能なので忙しい方でも手間要らずで便利です。

問合せの際に翻訳言語・分野・量などを記入すると、翻訳代行会社からメールで連絡が来ます。見積りや納品時期、納品方法などもメールのやり取りで行なえて効率的です。

あとは、複数の翻訳業者の条件を比較検討し、翻訳を依頼する会社を決めるだけです。翻訳代行会社を1社ずつ当たるのに比べ、はるかに効率的に翻訳業者選びができるのは大きなメリットですね。

コスパの良い翻訳代行会社に依頼できる

一括見積の大きなメリットが複数の会社を一括して比較できるという点です。問合せフォームに内容を入力して送信するだけで、複数の代行会社からのレスポンスが得られ、その返答を手軽に比較検討できます。

同じ問合せ内容への返答なので比較しやすく、どの代行会社がコストパフォーマンスが優れているかが一目瞭然です。

コスパのポイントとなるのは翻訳のクオリティや納品スピードと料金のバランスです。少なくても2~3社、できれば3~5社に問合せをすると各社のコスパの良し悪しが分かりやすいというメリットも得られます。

▼翻訳業者をお探しならこちら▼

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳代行会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの翻訳代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。


ビジネスでこそ翻訳代行会社を活用するべき!

ビジネスでこそ翻訳業者を活用するべき
現在、我が国のビジネスシーンでは急激なグローバル化が進んでいます。

それもかつてのような「そろそろ我が社も諸外国とのビジネスに眼を向けなくては…」といったレベルではなく、むしろ諸外国とのビジネスを無視することのできないレベルにまで達しています。

すでにアメリカや欧米諸国はもとより、急激な経済的発展を遂げている中国や韓国、インドネシア、シンガポールなどのアジア諸国も我が国のビジネスシーンでは欠かせない存在となっています。

そうした状況を受けて、ビジネス文書の翻訳は必須のアイテムといえるでしょう。

翻訳代行はビジネスにメリット

現代のグローバルなビジネスシーンで不可欠となるのは高レベルの翻訳です。
ビジネスではわずかな翻訳のミスも命取りになるといわれ、実際にそのような事例で涙を飲んだ会社も少なくありません。

訳文のちょっとした行き違いで相手側の誤解を招き、「真意はこうだったのに…」「そんな意図はなかったのに…」と後で悔やんでも手遅れになってしまいます。

翻訳代行は見積りの段階では時として少し料金が高額に感じられても、結果的に大きな利潤を生むことができればプラスの効果を得ることができるのです。

もちろん、料金が高い=高レベルな翻訳というわけではありません。
しかし料金の安さばかりに眼を向けて翻訳代行を選ぶと後悔することもあるのです。

高レベルな翻訳は二重・三重のチェックを施していることはいうまでもありませんが、単にそれだけではなくネイティブ翻訳者によるチェックを行なってビジネスの相手国の商習慣や生活慣習、ものの考え方、的確な表現、アピールポイントを押さえたアプローチ法などにも留意しています。

高レベルな翻訳代行サービス

翻訳代行の選び方としては「高レベルな翻訳」がキーポイントとなります。
高レベルとは単に正確に翻訳を行なうのではなく、精密かつフレキシブルな訳文を作成することと言い換えてもいいでしょう。

その意味では翻訳が正確でミスがないのは大前提であり、「正しく伝える」に加えて「適確に伝える」と「相手に理解できるように伝える」というファクターが不可欠となるのです。

社会的信頼性の高い翻訳を得るためには、いかに安心して翻訳を依頼できる翻訳代行サービス会社を探すかという点が大きな課題となってくるといえるかもしれません。

より高いスキルを有した翻訳代行サービス会社を見つけるためにはトライアル翻訳も可能な一括サイトを利用してみてはどうでしょうか。

翻訳代行会社に委託する方が費用対効果が良い理由

外部に委託する費用対効果
「翻訳は自社内でやったほうがコスト節約になる」
「費用対効果を考えると翻訳代行のほうにメリットがある」

ビジネスで翻訳が必要なとき、自社内で対応するか翻訳代行にアウトソーシングするかと迷う経営者様も少なくないでしょう。
実のところ、翻訳をするとき自社内と翻訳代行では費用対効果の面で大きな違いがあるのでしょうか?

翻訳代行コストの考え方

「翻訳」とは、ただ単にある言語をほかの言語に移し替える作業ではありません。

各国独自の商法やビジネス習慣、現在使われているビジネス用語の知識を踏まえ、いかにスムーズに相互理解と協力ができるかを追求していくのも翻訳に求められることの一つなのです。

そのため、一定の言語の知識があるというだけで安易に翻訳を行なったり、手軽で便利だからといって翻訳サイトの自動翻訳を使用したりすると思いもかけないトラブルに巻き込まれることもあります。

ある企業では翻訳コストの節約を目的に自社スタッフが翻訳したプレゼン資料で外国企業との交渉に臨み、相手企業のCEOの怒りを買ってしまったというトラブルに見舞われました。というのは、プレゼン資料のなかのある一語が、その相手国では礼を失した表現になっていたためです。

コスト削減は重要なファクターではあるものの、ビジネスシーンにおいてはコスト以上に重要な要素も存在することもまた事実です。
その企業の担当者は「必要なコストをかけてこそ、得られる利益がある」ということを語っています。

翻訳サービスの費用対効果

費用対効果については、よく「コストパフォーマンス」という言葉で語られます。
コスパは支払った経費に対してどの程度の利益が得られるかという度合いを示すものですが、実は費用対効果には別の側面もあるのです。

一例を挙げると、ビジネスに必要なある文書を社内スタッフが翻訳したとしましょう。
そのスタッフが数日間をかけて文書の翻訳を行ない、結果的には残念ながら「仕事では使えない」レベルの翻訳を仕上げたとします。

その「使えない」という理由は、翻訳自体には大きな誤りはないものの、日本語でいうところの敬語的な表現が用いられていなかったり、外国のビジネス慣習を採り入れていない等々が原因でした。

つまり、「翻訳=言葉の意味を伝える」という点では合格レベルであっても、「ビジネス文書の翻訳=商取引を成功させる」という点では不合格ということもあるのです。

その社内スタッフが翻訳に要した時間を金銭に換算すると、「最初からプロ翻訳者に頼んだほうが安上がりだった」という例も少なくありません。
しかも、プロによる翻訳は仕上がりも高レベルなのです。

社会に通じる高い信頼性のある翻訳代行専門会社

信頼性のある翻訳専門会社
国際社会のグローバル化を受けて、翻訳代行の需要がさらに増しています。
翻訳を行なうということは、訳出した文書や論文を諸外国の人々に提示するということであり、必然的にそこで求められてくるのが高い社会的信頼性です。

企業や個人事業会社の観点からすると、ビジネスや仕事の一貫として訳文を使用するに過ぎないと感じることであっても、相手側の観点からすると「対日本」というキーワードが付いて回ることは否めません。

つまり、企業や個人事業会社側の「当社」「我が社」という意識と、相手側の「日本企業」「日本の個人事業会社」という意識の違いがあるということになります。

社会的信頼性が低い文書や論文はグローバルな観点からすると価値が低く、ビジネスの分野であれ研究の分野であれ高い利潤を得たり大きな評価を得るのは難しいといえるでしょう。

そこで注目したいのが、「高い社会的信頼性を得られる翻訳」ということになります。

社会的信頼性のある翻訳代行サービス

翻訳に社会的信頼性を求めるとき、第一に求められるのが「正確性」と「精密性」です。
「正確」とは正しく訳すというだけでなく、「正しく理解してもらえるように訳す」ということであり、かつ独善性や偏重性がないということも重要な要素になります。

なぜなら国際的なビジネスシーンでは国内だけで通用するコモン・センスが理解されないこともあり、グローバルなセンスが必要とされてくるからです。

また、高い社会的信頼性のある翻訳に求められるもう一つの要素である「精密性」も欠かすことはできません。

たとえば訳語が常に首尾一貫している、常に適切な訳語が使用されている、データに矛盾がないといったファクターがきちんと押さえられていなければ信頼性のある翻訳とはいえません。

翻訳代行が信頼できる理由

優れた翻訳代行サービス会社はたくさんの「プロ」を擁しています。

優秀なスキルを持つプロ翻訳者はもちろん、訳文を精密なものにするためのプロ校正者や当該国の言語や習慣に精通したネイティブ翻訳者が訳文の内容をダブルチェック、トリプルチェックすることによって、より高い社会的信頼性のある翻訳が実現することになるわけです。

さらに、翻訳のオーダーの目的や意図を翻訳者に的確に伝えることのできるコーディネーターの存在も欠かすことはできないでしょう。

そうした意味では、スキルの高い翻訳代行サービス会社への翻訳オーダーは社会的信頼性を得られるという大きなメリットがあることが分かります。

もし安心して依頼できる翻訳代行サービス会社を探したい場合は、トライアル翻訳もできる一括サイトを活用してみてはどうでしょうか。

▼翻訳業者をお探しならこちら▼

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳代行会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの翻訳代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。