翻訳代行

【翻訳分野】翻訳代行サービス会社が対応できるジャンルのまとめ

【翻訳分野】翻訳代行サービス会社が対応できるジャンル

翻訳代行サービス会社にはそれぞれ専門としているジャンル(分野)が存在しています。

それぞれの分野の細かいニュアンスは、その業界にいた人などでないと分からない場合もあります。

ここでは、主な翻訳分野について「特徴」や「注意点」などをまとめています。

翻訳代行サービスの概要はこちら

法律・契約分野の翻訳

企業や個人事業を運営していくうえで、不可欠となってくるのが法律・契約分野の文書です。

法律・契約分野の文書は企業や個人事業にとって重要なカギを握るものであり、外国語→日本語/日本語→外国語のいずれのケースであっても信頼できる翻訳業者に任せる必要があるといえるでしょう。

わずかな語句の違いや誤りも許されないのが法律・契約分野の文書ですので、コストのみにこだわらずクオリティが高い翻訳業者選びを心掛けたいものです。

翻訳業者の外注
翻訳業者の外注は120社から3分で比較検討!外注業者の上手な活用方法翻訳の外注化(アウトソーシング)を考えている! 翻訳してくれる業者を探している! しかし、多岐にわたる翻訳業者からどの業者を選べ...

法律・契約分野の翻訳の特徴

法律・契約分野の文書は企業や個人事業では取引関係によく用いられています。

その代表的な例が売買契約書や請負契約書、労働契約書、賃貸契約書、委任契約書、担保契約書などの各種契約書類です。

契約書のほかにもJSOX法関連書類や内部統制報告書、コンプライアンス関連文書、各種証明書、公正証書、念書、鑑定書などの文書は法律文書として厳密な翻訳が必要になります。

どの分野の翻訳も重要でないものは存在しませんが、特に法律・契約分野の文書の翻訳には最新の注意を払うべきであるといえるでしょう。

法律・契約分野の翻訳の種類

法律・契約分野の文書の種類は多岐にわたっていますが、その主な例としては次のようなものが挙げられます。

契約関連文書

委任契約書、特約店契約書、サービス契約書、譲渡契約書、売買契約書、請負契約書、担保契約書、売渡契約書、OEM契約書、労働契約書、抵当権契約書、雇用契約書、合併契約書、賃貸借契約書、共同経営契約書、出版契約書、ソフトウェア契約書、FC契約書ほか

法律関連文書

協議書、著作権関連文書、債権通知書、供託書、売買承諾書、内部統制報告書、JSOX法関連文書、コンプライアンス文書、訴状、判決文、召喚状、各種証明書、公正証書、念書、鑑定書ほか

法律・契約分野の関連業界

法律・契約文書は業界を問わず、すべての企業や個人事業で無くてはならないものです。

換言すれば企業運営や個人事業運営のキーになる重要な文書といえるでしょう。

金融、建設・不動産、エネルギー、レジャー、IT・通信、電機機器、物流・運送、自動車・バイク、家庭用品、飲食、食品・飲料、酒類、美容・化粧品、ファッション、メディア、サービスほか

法律・契約分野翻訳の必要性

法律や契約関連の文書はプロ翻訳が最も必要な分野といえます。

この分野の翻訳は専門性の高い用語が多く使用されており、それらに精通した翻訳者のいる業者を選ぶ必要があります。

一般ビジネス文書の翻訳

一般ビジネス文書の翻訳
ビジネスの分野では多岐にわたる文書の翻訳が必要となります。

たとえば一般的な挨拶状や案内状から、業務上で必要となる送付状や依頼状、報告書、プレゼン資料など、ビジネス分野では日々文書を作成しているといっても過言ではありません。

こうした一般的なビジネス文書は、積書や契約書のような正式な文書でないからといって自動翻訳などで済ませてしまうと、思いもかけないトラブルに見舞われることもあるので注意が必要です。

一般ビジネス文書の翻訳の特徴

一般ビジネス文書とは、企業や個人事業などに関してコンスタントに発生するジャンルの文書です。

挨拶状や案内状、お知らせ文、連絡文などの紙媒体の文書に加え、昨今ではメールやFAXといったツールを用いた文書も増加してきました。

どの媒体であったとしても、ビジネスで使用する場合はインターネットの自動翻訳などを使用せず、プロ翻訳者による翻訳を使うのがミスを防ぐ重要なポイントとなります。

なぜなら、確かに自動翻訳は手軽で便利なものではありますが、ネイティブスピーカーから見ると正確な文章とはいえないことがあるからです。

一般ビジネス文書の翻訳の種類

一般的なビジネス文書は大きく分けて次の3種類があります。

  • 社外文書…挨拶状や送付状、ビジネスメールなど社外に向けて発信する文書です。
  • 社内文書…企画書や業務報告書、社内メールなど主として社内で使用する文書です。
  • その他文書…個人向けや顧客向けの礼状や案内文、メールなどの文書があります。

上記の例のほかによく使われる一般ビジネス文書としては通知状、推薦状、企画書、稟議書、会議議事録、調査報告書、申請書、業務報告書、プレゼンテ―ション資料、礼状などがあります。

一般ビジネス文書の関連業界

一般ビジネス文書は業界を問わず、すべての企業や個人事業で必要とされるものです。

言い換えると一般ビジネス文書なくしては、企業運営や個人事業運営は行なうことができないといえるでしょう。

関連業界の例

金融、建設・不動産、エネルギー、レジャー、IT・通信、電機機器、物流・運送、自動車・バイク、家庭用品、飲食、食品・飲料、酒類、美容・化粧品、ファッション、メディア、サービスほか

一般ビジネス文書の翻訳の必要性

一般ビジネス文書はごくカジュアルな短いものから、定期的に発生するもの、オフィシャルなものなど多岐にわたります。

特に最近ではビジネスメールが増える傾向にあり、ついついメールだからといって気軽に自動翻訳ソフトなどで済ませてしまうというケースも多いようです。

しかし、どんなに短い文書であっても、またメールのような形式であっても、企業や個人事業の先行きを左右することもあるビジネス文書であることに変わりはありません。

むしろ、一般ビジネス文書こそプロの翻訳者のいる翻訳業者を活用すべき案件ということができるでしょう。

金融・経済分野の翻訳

金融・経済分野の翻訳
金融・経済分野はビジネスの花形ともいうべき存在のひとつで、広範囲にわたる翻訳業務が発生するジャンルでもあります。

ダイレクトにマネーを取り扱う分野であり、翻訳に際しては小さなミスも許されないという特徴があるだけでなく迅速性も重視されるのが金融・経済分野の翻訳ということができるでしょう。

金融・経済分野ともに急速なグローバル化・広域化が進んでいる現状では、翻訳に関しても正確性だけでなくスピーディーな対応が求められています。

金融・経済分野の翻訳の特徴

金融・経済分野の翻訳の特徴は、その範囲が多岐にわたっているという点です。

一般的なビジネス文書はもとより、プレゼン資料や各種リポート、報告書、プレスリリース、議事録、市場調査資料など挙げればキリがありません。

さらにグローバル化が著しい金融・経済分野では、「タイム・イズ・マネー」のことわざに表わされているように翻訳にもスピード化が不可欠です。

刻々と変化していく世界のマーケットを睨みつつ、いかにスピーディーにかつフレキシブルな翻訳ができるか否かがポイントとなるといっても過言ではないでしょう。

金融・経済分野の翻訳の種類

  • 一般文書…ビジネスメール、案内状、挨拶状、送付状、各種返信など
  • 資料関連…調査資料、コンサル資料、プレゼン資料、財務関連資料など
  • 報告書関連…マーケティング報告書、運用報告書、事業報告書など
  • 案内関連…会社案内、投資案内、プレスリリース、市場レポートなど
  • 投資関連…マーケットレポート、証券銘柄資料、決算短信、監査報告書など
  • その他…M&A資料、目論見書、議事録、研修資料、経済論文など

金融・経済分野の関連業界

  • 銀行系…都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信託銀行、ネット銀行など
  • 経済系…各種企業、経済研究所、シンクタンク、経済系教育機関など
  • 保険系…生命保険会社、損害保険会社、自動車保険会社、ネット保険会社など
  • 金融系…消費者金融会社、信用販売会社、証券会社、リース会社など

金融・経済分野翻訳の必要性

国際化の広がりを受けて、ますます金融・経済分野翻訳の必要性は高まっています

数あるビジネス分野のなかでも直接的にお金を扱うジャンルなだけに、翻訳業者選びにも最新の注意を払いたい分野のひとつですので、特に各国の金融用語、経済用語に精通しているだけでなく、この分野のバックグラウンドを持つ翻訳者を擁する業者選びが重要なカギとなります。

不動産・入札分野の翻訳

不動産・入札分野の翻訳
昨今では海外業者による我が国の不動産購入も著しく増えてきました。

不動産・入札分野でも急激な国際化が進む現在、海外諸国との取引は急増しています。

そうした動向に伴って、不動産や入札にダイレクトに関連する文書翻訳のみならず国際慣習や法律に関しての翻訳も不可欠になっています。

不動産や入札で使用される用語は専門性が高いだけでなく、その国の慣習や考え方によっても大きく異なるという特徴があります。

それは我が国においても例外ではなく、グローバル化の現況を受けてさらなる高クオリティの翻訳が求められることになるといえるでしょう。

不動産・入札分野の翻訳の特徴

不動産・入札分野は専門性が高いジャンルであり、法律や法令にも深く関わる用語が多数使用されています。

我が国の不動産や入札用語はストレートに外国語に翻訳できないケースも多々あり、加えて諸外国の不動産用語、入札用語も同様のケースが見られます。

この分野の翻訳は直訳がむずかしいという特徴を持つだけに、専門用語のみならず取引や法律に関する知識を有す翻訳者が必須といえるのかもしれません。

さらに、不動産・入札分野の翻訳は英語やドイツ語などの欧米言語のみならず、中国語や韓国語、インドネシア語、ベトナム語、アラビア語など広範囲にわたる言語の翻訳が必要となっています。

不動産・入札分野の翻訳を行なううえでは、この点も勘案したうえで業者選びをする必要があるでしょう。

不動産・入札分野の翻訳の種類

不動産契約書関連

建物賃貸契約書、売買契約書、媒介契約書、標準契約書、管理委託契約書、農地買契約書、等価交換契約書、土地建物売買契約書、権利譲渡契約書など

証明書関連

譲渡証明書、買付証明書、内容証明書、

その他不動産関連

重要事項説明書、特約条項、賃貸借更新通知書、委任状、依頼書、承諾書、確認書、誓約書、測量調査書、土地台帳、建物台帳、新築中古台帳、顧客台帳、売買受付書、入居申込書、領収書、手付金領収書、預り証、賃貸精算書、売買精算書など

入札関連

入札書、見積書、委任状、辞退届など

不動産・入札分野の関連業界

不動産売買会社、不動産賃貸会社、不動産投資会社、ビルマネジメント会社など

特に海外企業との取引では、相手国の慣習や法律を知悉した翻訳業者を選ぶことが重要なポイントといえるでしょう。

医学・化学分野の翻訳

医学・化学分野の翻訳
日進月歩の医学・化学の分野では、英語やドイツ語を始めとして外国語→日本語/日本語→外国語の翻訳需要が多数出ています。

外国語を日本語に翻訳するにしても、また日本語を外国語に翻訳するにしても、専門分野特有の用語に精通しているだけでなく内容まで読み取れる知識のある翻訳者が求められるジャンルでもあります。

医学・化学の翻訳は社内スタッフだけではWチェックが難しかったり、ネイティブスピーカーによるチェックが必要な分野ですので、経験と実績ある翻訳業者選びが必要です。

医学・化学分野の翻訳の特徴

医学・化学分野の翻訳で多いのが、医学論文や化学論文などの学術論文、海外の専門ジャーナル紙の記事、研究資料、ガイドラインや法令、試験報告書、文献、取扱説明書などです。

いずれも専門的な内容が主であり、一般のビジネス文書を扱う翻訳者ではなく専門の翻訳者が必要なジャンルということができるでしょう。

加えて、日々進歩していく医学・化学の知識やニュースにも精通していることが求められるわけですから、翻訳業者としても常にアンテナを張り巡らせている必要があります。

医学・化学分野の翻訳の種類

  • 医学論文、化学論文、海外専門誌の記事、医学書、研究論文
  • 化学試験、臨床試験、企画試験、薬理学試験、関連文献
  • 研究記録、研究資料、訴訟資料、報告書、実験結果
  • 基礎的医学文書、疾病治療に関する各種報告書
  • ビジネスレター、診断書、病院資料、講演資料、スピーチ
  • 申請書類、病院パンフレット、説明書、プロトコル ほか

医学・化学分野の関連業界

  • 医科大学、大学病院、大学附属病院
  • 国公立病院、総合病院、一般病院、クリニック、個人病院、診療所
  • 医療センター、医療施設、研究所
  • 医療関連企業(医療機器、薬品、薬剤、出版社など)
  • 化学関連企業(石油、バイオ、印刷、プラスチック、農薬、コスメなど)

医学・化学分野翻訳の必要性

医学・化学分野の翻訳には、このジャンルに精通した翻訳者が不可欠です。

専門用語を知悉しているだけでなく、最新の医学・化学の知識を身につけた翻訳者のいる業者選びを心掛けてください。

さらに、医学・化学分野のバックグラウンドを持つネイティブスピーカーによる二重チェックや三重チェックを行なうことにより、クオリティが高く信頼できる翻訳が可能となるといえるでしょう。

技術・テクノロジー分野の翻訳

技術・テクノロジー分野の翻訳
技術・テクノロジー分野はグローバル化の著しいビジネスジャンルです。

その範囲は電子機器や機械類、自動車、パソコンなど広範囲にわたり、それに伴って翻訳も多岐にわたるという特徴があります。

加えて、海外の技術・テクノロジー関連情報や輸出入、技術交換、契約文書、覚書など翻訳が必要な文書は枚挙にいとまがありません。

専門分野だけに特殊な用語や表現が用いられるだけでなく、このジャンルに関連したバックグラウンドを持つ翻訳者の存在も不可欠といえるでしょう。

技術・テクノロジー分野の翻訳の特徴

技術・テクノロジー分野は我が国が得意とするビジネスジャンルであるとともに、欧米を始めとする海外企業との交流が欠かせない産業でもあります。

現状でも一般的なビジネス文書から始まり、技術文書や取扱説明書、計画書、指示書、指導書、報告書、論文など多様な文書の翻訳が行なわれています。

また、委任契約や売買契約といった契約関連、技術論文や研究論文といった論文関連の翻訳が多いという特徴も見られます。

ただし、同じ技術・テクノロジー分野であっても、畑が違えば使用される専門用語も異なると言う特徴もあるため経験豊かな翻訳者が必要となる分野といえるかもしれません。

技術・テクノロジー分野の翻訳の種類

  • 仕様書、企画書、計画書、要領書、規格書、指導書、手順書
  • 試験報告書、分析結果報告書、不具合報告書、技術報告書
  • 技術論文、研究論文、意見書、研究報告書、プレゼン資料

技術・テクノロジー分野の関連業界

  • 機械…食品機械、包装機械、繊維機械、産業機械、農業機械ほか
  • 精密機器…科学機器、計量機器、カメラ、計測器、分析器ほか
  • 電子機器…液晶ディスプレイ、携帯電話、CDプレイヤー、電卓ほか
  • 電力機器…発電機、太陽電池、燃料電池、電動機、電熱器ほか
  • 自動車…自動車製造、自動車部品製造、自動車整備ほか
  • コンピュータ、IT…ハードウェア、ソフトウェア、携帯機器ほか
  • その他…建設土木、エネルギー、環境、電機ほか

技術・テクノロジー分野翻訳の必要性

技術・テクノロジー分野の翻訳にはこのジャンルに精通した翻訳者が不可欠です。

各種専門用語はもとより最新の関連ニュースや業界動向を知悉し、かつこのジャンルに関連したバックグラウンドを持つ翻訳者を擁する業者探しが必要といえるでしょう。

音楽・映像分野の翻訳

音楽・映像分野の翻訳
音楽・映像分野は厳密にいえば、それほど新しいジャンルとはいえません。

クラッシック音楽や民族音楽は古くから存在していましたし、映像に関しても意外に昔から私たちの身近に存在していたものです。

しかし、現代では音楽・映像は新たな局面の展開が進み、より身近でより新しいジャンルとして発展を続けています。

その一例がスマートフォンやパソコンで楽しむことのできる音楽と映像です。

こうした傾向は日進月歩の勢いで変貌を遂げながら、広く私たちの生活に大きく関わってきており翻訳需要も大きく増加しています。

音楽・映像分野の翻訳の特徴

音楽・映像分野の翻訳は紙媒体だけでなく、音声や映像に関わるものも多数あります。

そのため、目で文字を見て翻訳を行なう作業に加え、耳で音声を聞き取って翻訳するという作業も広範囲に発生しているわけです。

こうした音楽・映像分野の特徴を勘案すると、翻訳作業にはネイティブスピーカーの存在が不可欠なジャンルといえるかもしれません。

特に音楽や映像媒体ではクリエイティブな素材も多く、日常的にあまり使用されていない言葉や表現が用いられていることもあるからです。

さらに紙媒体の翻訳よりも音楽や音声の翻訳には時間を擁するという問題もあり、二重三重のチェックが必要な点も音楽・映像分野の翻訳の特色といえるでしょう。

音楽・映像分野の翻訳の種類

音楽関連

教則本、楽理書、教育用文献、音楽家の評伝、音楽誌記事、音楽教科書、楽譜、参考資料、歌詞、解説書、楽器取扱説明書、CDなど

映像関連

映画字幕、テレビドラマ字幕、脚本、台本、戯曲、解説書、参考文献、専門誌ジャーナル記事、パンフレット、原作書、評伝、自伝書、演技論など

その他

契約書、委任状、リポート、WEBサイト、マニュアルなど

音楽・映像分野の関連業界

音楽関連

レコード会社、出版社、芸能事務所、テレビ局、ラジオ局、制作会社、教育機関、メディアなど

映像関連

映画会社、ビデオ会社、レコード会社、出版社、芸能事務所、テレビ局、ラジオ局、制作会社、教育機関、メディアなど

音楽・映像分野翻訳の必要性

エンターテインメントとして注目を集めるのが音楽・映像分野の産業ですが、使用される言語は多岐にわたるだけでなくネイティブスピーカーなどの知識も必要となるジャンルです。

出版分野の翻訳

出版分野の翻訳
出版分野の翻訳としては、大きく分けて実用書と文学書の2つの種類があります。

さらに、研究所やマガジン類を加えたものが広い意味での出版ということになるでしょう。

実用書はいわゆるノウハウ物や料理レシピ本、育児、教育といったものから、ファッション、旅行、健康、アウトドア、スポーツ、音楽、絵画など多岐にわたっています。

文学書は小説やエッセイ、古典、劇作、児童向け、詩歌、ライトノベル、ミステリー、SF、ファンタジーなどが挙げられます。

いずれにしても語学の知識のみならず、文学的素養や優れた言語感覚、原作国の文化や慣習に精通していることなどが要求される翻訳ジャンルということができるでしょう。

出版分野の翻訳の特徴

出版分野の翻訳には、古典や文学といった普遍的なジャンルを翻訳するのか、実用書や説明書のような使う人の便利さを優先するジャンルを翻訳するのかというような種別があります。

古典や文学の翻訳には歴史・文化といった知識が不可欠であり、実用書などの翻訳には言語の知識だけでなくそのジャンルに関する必要も必須ファクターとなってくるでしょう。

また、今現在も進行し続けているジャンルとしての雑誌やマガジン類の翻訳には対象となる国の現状を把握している必要性も出てきます。

そうした意味ではネイティブスピーカーの翻訳者やチェッカーを擁する翻訳業者を選ぶ必要もあるわけで、ジャンルによって業者選びのポイントも変わってくるわけです。

出版分野の翻訳の種類

実用関連

ビジネス書、金融経済書、科学書、テクノロジー書、コンピューター本、資格関係書、健康書、育児書、旅行ガイドブック、地図、教育書、受験書、参考書、語学書、辞典、年鑑、マナーブック、自己啓発本、DIY本など

趣味関連

スポーツ、絵画、クラフト、手芸、書道、陶芸、茶道、華道、車、バイク、鉄道、カメラ、オーディオ、コレクション、フィギュア、プラモデル、ラジコン、占い、クイズ、パズル、ゲーム、チェス、将棋、囲碁、ギャンブルなど

文学関連

歴史小説、推理小説、ファンタジー小説、SF小説、古典文学、詩歌、戯曲、文芸評論、文学研究書、エッセー、随筆、神話、短歌、俳句など

出版分野の関連業界

出版社、雑誌社、新聞社など

出版分野翻訳の必要性

出版分野の翻訳は質・量ともに多岐にわたっています。

単に出版というジャンルで括るのではなく、実用書や文学書などの種類によって翻訳者や業者も使い分けを行なう必要があります。

アパレル・ファッション分野の翻訳

アパレル・ファッション分野の翻訳
アパレル・ファッション分野は世界的に見ても大規模なマーケットです。

日々の生活には不可欠な衣服や靴からバッグやカバン類、腕時計などの商品には多岐にわたるバリュエーションがあります。

年齢・性別を問わず、すべての人々が愛用するアパレル・ファッションの分野では翻訳需要も非常に高いものになっているといえるでしょう。

パリコレヤミラコレに代表される高級ファッションからデイリーに使えるカジュアルファッション、キッズやベビーファッションまでがそろうアパレル・ファッションは巨大な産業ジャンルとなっています。

アパレル・ファッション分野の翻訳の特徴

アパレル・ファッション分野の翻訳には、業界ならではの専門用語が多数使用されているという特徴があります。

常に流行の先端を目指すという特性を持つ分野である点や、フランス、イタリアといった国がトレンドの中心となっているという点から英語ではなく仏語・伊語も多用されています。

また近年では日本を始め韓国やシンガポール、ホンコン、タイといったアジア圏のファッションも脚光を浴びており、そうした意味からも多国籍的なジャンルへ変貌しつつあるといえるでしょう。

アパレル・ファッション分野の翻訳の種類

  • ビジネス関連…挨拶状、案内状、通知状、プレゼンテーション資料、企画書など
  • 製品関連…タグ、説明書、デザイン書、カタログ、パンフレット、マニュアルなど
  • プレス関連…プレスリリース、ショーカタログ、WEBサイト、メールなど
  • その他…発注書、納品書、注文書、契約書、請負書、請求書、仕様書など

アパレル・ファッション分野の関連業界

  • 衣服関連…紳士服、婦人服、子供服、ベビー服、マタニティ服、スポーツウェアなど
  • 小物関連…腕時計、ジュエリー、アクセサリー、ネクタイ、スカーフなど
  • バッグ関連…ハンドバッグ、カバン、リュック、ブリーフケース、トートなど
  • その他…シューズ、ブーツ、スポーツシューズ、帽子、手袋、靴下など

アパレル・ファッション分野翻訳の必要性

アパレル・ファッション分野はカテゴリが多岐にわたるため、容易にひとくくりにすることはできにくいジャンルです。

同じアパレル・ファッションでもメンズとレディース、キッズ、ベビーでは使用される用語も異なり、翻訳に関しても専門知識を持つ翻訳者が必要となってきます。

家庭用品・生活雑貨分野の翻訳

家庭用品・生活雑貨分野の翻訳
家庭用品・生活雑貨は国や地域を問わず、私たちの日々の生活に最も密着したジャンルです。

その商品数や種類は多岐にわたっており、大きなサイズのものから極く小さなサイズのものまで広範囲なアイテムがそろえられています。

販路に関しても昨今の雑貨ブームなどもあり、輸出入はかなり盛んになっている分野といえるでしょう。

欧米やアジア圏はもとより、中東、アフリカ、オーストラリアなど世界各国との取引が不可欠となる家庭用品・生活雑貨分野の翻訳はますます需要が伸びていくと考えられています。

家庭用品・生活雑貨分野の翻訳の特徴

家庭用品・生活雑貨分野の翻訳は、単に外国語に精通しているというだけでなく商品の特性や用途、使用法などの知識も必要とされます。

また、このジャンルは各国や地域の生活に密着した商品を多数取り扱うため、諸外国の文化や日常生活に精通した翻訳者やネイティブスピーカーのチェッカーも必要となってくるでしょう。

特に近年ではかつてのアメリカやフランス、イギリスの商品に加えて、中国、韓国、インドネシア、ベトナム、北欧諸国、アフリカ諸国、中東諸国の家庭用品・生活雑貨にも注目が集まっています。

言い換えれば、こうした諸外国の言語や生活様式を知悉した翻訳者が不可欠なジャンルといえるかもしれません。

家庭用品・生活雑貨分野の翻訳の種類

  • ビジネス関連…企画書、プレゼンテーション資料、挨拶状、案内状、通知状など
  • 製品関連…カタログ、パンフレット、商品説明書、デザイン書、など
  • プレス関連…カタログ、プレスリリース、WEBサイト、ビジネスメールなど
  • その他…契約書、請負書、発注書、納品書、注文書、請求書、仕様書など

家庭用品・生活雑貨分野の関連業界

  • 家庭用品…インテリア、キッチン用品、バストイレ用品、カーテン、寝具など
  • 生活雑貨…小物、スリッパ、食器、調理用具、洗面用具、洗濯用具など
  • その他…消臭剤、芳香剤、ルームフレグランス、ティッシュ、バス用具など

家庭用品・生活雑貨分野翻訳の必要性

家庭用品・生活雑貨分野の翻訳は、一見すると社内スタッフでも充分可能と考えてしまいがちです。

しかし、そのアイテムは多岐にわたる点や、実際に使用法などの知識も必要となるため、現実問題としては原産国の言語や生活様式に精通したプロ翻訳者に依頼したほうが合理的といえるでしょう。

スポーツ関連分野の翻訳

スポーツ関連分野の翻訳
スポーツ関連分野は我が国を含めたグローバルな広がりを持つジャンルです。

オリンピックやワールドカップなどのスポーツイベントの盛り上がりでも分かるように、スポーツはすでに娯楽や趣味の域を超えたひとつのワールドワイドなムーブメントとして定着しています。

昨今では放送技術の進化によって、諸外国や地域で行なわれているスポーツの情報もオンタイムで伝えられるようになってきました。

そうした意味でもスポーツ関連分野の翻訳は、紙媒体のみならずWEBサイトや実況中継などの部分でも今後さらに需要を増していくと考えられます。

スポーツ関連分野の翻訳の特徴

スポーツ関連分野の翻訳は、これまで新聞や雑誌などを中心に展開されてきました。

しかし、時代の進化とともにWEBサイトによる情報伝達やテレビ中継などによる中継などといったアイテムも加わってきています。

スポーツの特性として即時性が求められるのはいうまでもありませんが、同時に正確性も重視される分野でもあり翻訳の重要性も高まっているといえるでしょう。

このスポーツ関連分野の翻訳では、各スポーツの歴史やルール、監督や選手に関する情報などなどさまざまな知識が要求されます。

そういった部分でもネイティブスピーカーの翻訳者やチェッカーが不可欠となる分野といえます。

スポーツ関連分野の翻訳の種類

  • マスメディア関連…新聞、テレビ、ラジオ、一般誌、専門誌、WEBサイトなど
  • 出版関連…ルール本、スポーツ理論書、ハウツー本、評論、ファンブックなど
  • 中継、実況関係…同時翻訳、テロップ、資料など
  • ビジネス文書関連…球団、スポーツクラブ、各スポーツ連盟、スポーツジムなど
  • その他…スポーツ用品、契約書、プレゼン資料など

スポーツ関連分野の関連業界

  • マスメディア関連…新聞社、テレビ局、ラジオ局、出版社、WEBサイト運営会社など
  • チーム関連…球団、スポーツクラブ、各スポーツ連盟、スポーツジムなど
  • アイテム関連…スポーツウェア、スポーツ用品、スタジアムなど

スポーツ関連分野翻訳の必要性

スポーツ関連分野の翻訳はマスメディアによる報道や出版物、WEBサイトから、実際にスポーツ団体の運営会社やスポーツ用品販売会社のビジネス文書といったものまで広範囲にわたっています。

翻訳に際してもこの分野のバックグラウンドを持つ翻訳者が欠かせないジャンルでもあり、翻訳業者探しをする場合もこの点を勘案しておく必要があります。

環境・エネルギー分野の翻訳

環境・エネルギー分野の翻訳
環境・エネルギー分野は、近年大きな脚光を浴びているジャンルです。

グローバルな視点から見ても、また我が国の視点から見ても、今後さらに環境・エネルギー分野は日進月歩の飛躍が期待されているといっても過言ではないでしょう。

もちろん、エネルギー供給だけを考えるのではなく、地球環境にやさしいエコロジーの観点への注目も高まっている現在、リサイクルといった部分を含めて伸びていく分野と考えられているのが環境・エネルギー分野ということができるのです。

環境・エネルギー分野の翻訳の特徴

環境・エネルギー分野の翻訳に関しては、化学的な知識が必要なことはいうまでもありません。

加えて、環境学やエコロジー学地球資源エネルギーなどに関する知識も必要とされます。

こうした知識は一朝一夕に身に付くものではないというだけでなく、環境問題やエコロジーに関する最新ニュースにもアンテナを張り巡らせている必要があるといえるでしょう。

昨今の原発問題などもあり、ますます注目度がUPしている環境・エネルギー分野での翻訳需要は高まっていくと考えられます。

環境・エネルギー分野の翻訳の種類

  • 報告書関連…調査報告書、分析報告書、コンサルティング報告書、環境計画報告書など
  • 文献関連…太陽光発電、風力発電、再生可能エネルギー、エコロジー、都市環境学など
  • ビジネス関連…企画書、プレゼンテーション資料、契約書、請求書など
  • その他…学術論文、開発コスト論文、LCA論文、WEBサイトなど

環境・エネルギー分野の関連業界

  • 環境関連…CO2回収、環境プラント、環境装置、電機自動車、LED照明、太陽光発電装置、水環境装置、上下水道システム、環境エンジニアリング、電機設備設計、住宅設備など
  • エネルギー関連…石炭関連企業、電力関連企業、原子力関連企業、地域熱関連企業、風力発電関連企業、天然ガス関連企業、再生可能エネルギー関連企業など

環境・エネルギー分野翻訳の必要性

環境・エネルギー分野の翻訳は専門性の高い用語が使用されているだけでなく、著しい技術革新が進むジャンルの特徴として常に最新の情報を収集が不可欠となってくるものです。

さらに、エネルギー関連では英語やドイツ語など欧米の言語以外に中東エリアの言語も必須となってきますので、商取引をするうえでも言語知識だけでなく各国や地域の文化や生活習慣などにも精通している必要が出てきます。

通信・IT(情報技術)分野の翻訳

通信・IT(情報技術)分野の翻訳
通信・IT(情報技術)は近年急速に発展してきたビジネスジャンルです。

一時代前にはほとんど存在しないにも等しかった通信・IT(情報技術)分野のビジネスですが、グローバル社会といわれる現代ではこの通信・IT(情報技術)なくしてはビジネスは成り立たないというのも過言ではありません。

実際問題としては通信・IT(情報技術)の文書のほとんどは英語・米語で占められていますが、専門用語の難解さと進歩性によって常に研鑽していなければパーフェクトな翻訳作業は成しえないでしょう。

通信・IT(情報技術)の文書の多くが英語・米語であるからといって、自社内だけで処理したり自動翻訳などを多用するとミスが起こりやすいという分野でもあります。

通信・IT(情報技術)分野の翻訳の特徴

通信・IT(情報技術)分野の特徴として英語・米語の文書が中心であること、技術的な専門用語が多く使われていること、日進月歩のジャンルらしく常に新しい専門用語が増えていくことなどが挙げられます。

現実に英語や米語のネイティブスピーカーであっても、この分野の文書を読んですんなりと理解できるというわけではありません。

これは日本人が日本語で書かれた通信・IT(情報技術)分野の技術書を読んでも完璧に理解できるわけではないというのと同じ原理です。

通信・IT(情報技術)分野の翻訳でカギとなるのは、このジャンルの知識をどのくらい有した翻訳者を見つけられるかという点にあるでしょう。

通信・IT(情報技術)分野の翻訳の種類

  • マニュアル関連…ソフトウェアインストールマニュアル、オペレーションマニュアル、ソフト導入マニュアル、レファレンスマニュアル、システムユニット導入マニュアルなど
  • 解説書関連…プログラム解説書、システム解説書、ソフトウェア開発事例解説書など
  • 説明書関連…プログラミング開発ツール説明書、取扱説明書、配信システム説明書など
  • レポート関連…新製品レポート、業界レポート、専門誌ジャーナルレポートなど
  • ITマネジメント関連…ERP、CTI、SCM、CRM、POSなど

通信・IT(情報技術)分野の関連業界

  • 通信関連…携帯電話会社、固定電話会社、ISP会社
  • IT関連…ソフトウェア開発会社、システムインテグレーター、アプリケーション開発会社など

通信・IT(情報技術)分野翻訳の必要性

通信・IT(情報技術)の翻訳は英語・米語に加えて、中国語や韓国語などアジア系言語も使われるようになってきました。

多言語の翻訳への対応は自社スタッフだけでは難しいケースもあります。

医療・薬品分野の翻訳

医療・薬品分野の翻訳
医療・薬品分野は確実に進みつつある我が国の高齢化社会化を受けて、今後さらに発展が予想される業界です。

このジャンルは翻訳においても医学や化学の知識が必要とされており、そうしたバックグラウンドを持つ翻訳者やチェッカーを擁した経験と実績を持つ翻訳業者が求められています。

特に医療機器や薬品・薬剤に関しては、欧米を始めとするメーカーからの輸入も多いため翻訳業者選びは企業や個人事業会社の将来的な伸展に直結するといっても過言ではありません。

医療・薬品分野の翻訳の特徴

グローバル化が進む医療・薬品業界ですが、それに伴って翻訳業務もますます増加傾向にあります。

医療・薬品分野は専門用語が頻繁に使用されているだけでなく、次々と新しい専門的なワードも登場するため翻訳に際しても常にニュースのチェックや勉強が欠かせません。

これは外国語に関してだけの問題ではなく、医療・薬品分野の日本語ワードも同様です。

医療・薬品関連では新発見が疾病に悩む人の新たな希望となり、病に苦しむ人を救う一助になるだけでなくビジネスにおいても大きな機会ともなる分野といえます。

いかに海外の新しい情報をキャッチし、それをビジネスチャンスにつなげるかといった意味でも翻訳は重要なカギを握るアイテムといえるでしょう。

医療・薬品分野の翻訳の種類

  • 医療機器取扱説明書、医療用具取扱説明書、医療用具取扱説明書、医療用ソフトウェア取扱説明書
  • 薬業経済関連資料、薬理学試験関連資料、毒性試験関連資料、製剤検討関連資料
  • 医薬品添付文書、医薬品調査資料、医薬品使用説明書、医薬品関連文献
  • 薬事ガイドライン、薬事法令、省令、通知、GCPガイドライン、GPMSPガイドライン
  • 薬局方関連資料、薬価関連資料、GMP査察関連資料、調査関連資料
  • 医薬品関連訴訟資料、プレスリリース、専門ジャーナル誌、薬理薬効資料
  • 国際出願、特許申請、研究記録、各種報告書 等々

医療・薬品分野の関連業界

医療機器メーカー、製薬メーカー、化粧品メーカー ほか

医療・薬品分野翻訳の必要性

医療・薬品分野の翻訳にはこのジャンルに関するバックグラウンドを持ち、専門的な知識や経験を有する翻訳者が不可欠です。

さらにネイティブスピーカーによるチェックやダブルチェックができる翻訳業者であれば信頼性が高いといえるでしょう。

日進月歩で変化していく医療・薬品分野の翻訳には、常に最新の情報収集を行なっている業者を選ぶことも重要な要素です。

コンピューター(PC)分野の翻訳

コンピュータ(PC)分野の翻訳
コンピュータ(PC)分野のビジネスは年を負うごとに進化を遂げています。

今や、政治経済から個人の生活までコンピュータ(PC)なしでは済ませられないという状況が出現し、そのグローバル性も加味されて海外諸国の言語と日本語との翻訳量は増える一方といえるでしょう。

従来は英語や米語が中心であったコンピュータ(PC)の翻訳も、中国や韓国などアジア諸国の技術的な躍進もあって多様化の一途をたどりつつあるようです。

もちろん、我が国でもコンピュータ(PC)産業は諸外国に劣らぬ進歩を実現していますので、今後さらに多様な言語→日本語/日本語→多様な言語といった翻訳量は増加していくと見られています。

コンピュータ(PC)分野の翻訳の特徴

コンピュータ(PC)分野の翻訳の特徴は、広範囲にわたるマーケットとこのジャンルに携わる人々の多様性ということができます。

これまではコンピュータ(PC)分野の技術書や取扱説明書といった翻訳が多かったのに対し、現在では日本の電子書籍や漫画といった新しいジャンルにも注目が集まっています。

特に漫画やアニメ、アイドルなどのサブカルチャー分野に関しては諸外国からも需要が高まっているとともに、WEBサイト翻訳などのジャンルも脚光を浴びています。

コンピュータ(PC)分野の翻訳に関しては日進月歩の勢いであると同時に、将来的には大きな飛躍が期待できると見られています。

コンピュータ(PC)分野の翻訳の種類

  • ソフトウェア関連…インストールマニュアル、オペレーションマニュアル、開発マニュアル、ユーザーマニュアルなど
  • ハードウェア関連…解説書、技術書、取扱説明書、ニュース記事、専門誌ジャーナル記事、仕様書、技術論文など
  • その他…WEBサイト翻訳、携帯サイト翻訳、カルチャー翻訳、ゲームなど

コンピュータ(PC)分野の関連業界

  • ハードウェア関連…電気機器系企業、PC系企業、家電系企業
  • ソフトウェア関連…ソフトウェア開発会社、システム開発会社、アプリケーション開発会社など
  • その他…コンピュータ(PC)関連書籍出版社、雑誌社、WEBサイト運営会社など

コンピュータ(PC)分野翻訳の必要性

コンピュータ(PC)分野の翻訳について重要なのは、このジャンルは常に進化し続けているという点です。

極端にいえば昨日は最新のものであった情報も明日には古くなるというような事象が起こり得るのがこの業界といえるでしょう。

そのため翻訳に関しても常に新しい情報を収集している必要があり、最新の業界動向を把握した翻訳業者選びが不可欠となるのです。

翻訳代行サービス会社の選び方
翻訳代行サービス会社の選び方!120社から比較ビジネスのグローバル化が急速に進む現代、業務を遂行するうえで「翻訳」は重要なポイントとなっています。 英語、中国語、韓国語はもとよ...

▼翻訳業者をお探しならこちら▼

『翻訳代行一括.jp』では、日本全国にある「翻訳代行会社」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこの翻訳代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質の翻訳が出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。